雨の季節に

梅雨の時期がおとずれると、「晴耕雨読」と云うコトバが浮かんできます。外出の機会が減り、読書をする時期が自然と多くなりました。

最近読んだ本の中から良かったものを紹介させていただきたいと思います。

『木曜日にはココア』という1冊です。今まで手にとったことのない作家さんの本でしたが、小さな喫茶店「マーブル・カフェ」を舞台に繰り広げられるいくつかのストーリーは心温まるようなお話でした。

晴れの日には、キレイなお花や木々の緑を愉しみ、雨の日には読書や手仕事などに勤しみ、自然の流れに寄り添った暮らしが出来たらと願いながら、日々を過ごしております。

担当:🦋外来

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加